『ラスト・ホールド!』監督日誌⑭

真壁幸紀監督Twitter 監督日誌⑭(素直)】

“不安”を持ちながら始めた稽古だったが、終わってみれば、”勝負できる!”と確信を持てた。
彼らは乾いたスポンジのごとく、抜群に吸収した。
水を含んでなかったのか、あえて絞って出してきたのか、わからないが。

一つ言えるのは、みんなアイドルなのに、”カッコつける事に意味がない”、という事を知っていた。
出来なかったら悔しがって練習し、わからない事はわかったふりをせず聞きにきて、何かあればみんなで声を掛け合う。
全力で泥臭く、スマートとは無縁。
その姿は助監督・カメラマンら男性スタッフにも愛された。

稽古最終日の昼飯。
寿司を食べに行く、となったが、彼らは朝からラーメンを食べていたらしく、「えー、昼、寿司食えないっすよー」って言いながら、めちゃくちゃ寿司食っていた。
良く食べ、良く動く。

公開まであと2日!!!