Loppi先行【映画『ラスト・ホールド!』グッズ(引換券)付前売券】予約受付開始!

5月12日(土)映画『ラスト・ホールド!』の公開を記念して、グッズ付前売券を全国のローソン・ミニストップ店内のLoppiにて予約受付開始!

グッズは、劇中に登場するボルダリング部のトレードマークをモチーフにしたハンドタオルをご用意。スポーツやおでかけ、応援上映にも便利な大判サイズ!グッズは単品でも予約可能です。

【映画『ラスト・ホールド』ハンドタオル】

●サイズ(約):W350×H350mm
●素材:綿
Ⓒ松竹
※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。ご了承ください。

【商品情報】
■映画『ラスト・ホールド!』ハンドタオル付前売券
 一般前売券セット(一般前売券+ハンドタオル 1枚)
 販売価格:2,200円(税込)
◇◇受付期間:4/1~5/11 グッズ引換日:5/23 ◇◇  Lコード:91303

■映画『ラスト・ホールド!』ハンドタオル単品販売
販売価格:1,000円(税込)    
◇◇受付期間:4/1~5/13 お渡し日:5/23   ◇◇  商品番号:134586

詳しくはローチケ HP{4/1(日)10時公開}、もしくはローソン・ミニストップ店内で配布(数量限定)のLoppiグッズカタログ4月号(4月1日発行)をご覧ください。数量限定の為、お早めにご予約ください。
※一部Loppiを設置していない店舗があります。ご了承ください。

http://l-tike.com/gd/lasthold0512.html

3/26(月)実施 完成披露舞台挨拶レポート

 
この度、本作の完成を記念し、完成披露舞台挨拶を実施いたしました。
本作で同じボルダリング部のメンバーを演じたキャストたちは、映画と同様に、抜群のチームワークで観客を沸かせ、笑いの絶えない、大盛り上がりのイベントとなりました!

MCの呼び込みで、塚田僚一さんとSnow Man(岩本照さん、深澤辰哉さん、渡辺翔太さん、宮舘涼太さん、佐久間大介さん、阿部亮平さん)が客席後方から登場すると、会場は溢れんばかりの拍手と歓声に包まれました。

はじめに、塚田さんが「主演でーす!岡島健太郎役を演じました、塚田僚一です。東京では桜が満開ですが、塚ちゃん桜は5分咲きです!これから満開なっていくように頑張ります。本日はよろしくお願いいたします。」と笑顔で挨拶。

続く岩本さんは「河口亮二役を演じました、岩本照です。本日は短い時間ですが、楽しんでいってください。」と挨拶。深澤さんが「新井武蔵役を演じました、深澤辰哉です。好きな食べ物は焼肉です、以上です。」と挨拶すると、キャストからもツッコミが入り、会場は笑いに包まれました。続く渡辺さんは「桃田役を演じました渡辺翔太です。今日は気合を入れて前髪を割ってみました!」、宮舘さんは「高井戸仁太役を演じました、宮舘涼太です。ボルダリングもですが、今日はこの会場にいるみんなのハートを掴みにきました。」、佐久間さんは「桑本役を演じました、佐久間大介です!映画館といえばポップコーンですが、こぼさないように気を付けて楽しんで観ていってください!」、阿部さんは「中道学役を演じました、阿部亮平です。みなさん楽しむ準備はできていますか?(監督から「卒業おめでとう!」のコメント)ありがとうございます。明日、大学院を卒業し、院卒アイドルになります。そんな僕が出ている『ラスト・ホールド!』ぜひよろしくお願いいたします!」、真壁監督は「今日は、宇宙初の公開となります。ワールドプレミアです。楽しんで行ってください、よろしくお願いいたします!」と挨拶をしました。

MCより映画初主演、オファーをもらった時はどうでしたか?という質問に対して、塚田さんは「一生懸命頑張ろうと思いました。一緒に出るのがSnow Manと聞いて、心強いメンバーでよかったと思いましたし、撮影が進んでいくにつれて、このメンバーで一緒にできて本当によかったと思いました。不安はなく、やってやろう!と燃えていました。」と熱くコメント。
また、今回は映画の主題歌も塚田さんが所属するA.B.C-Zが担当するということで、「メンバーもみんな喜んでいました。今回のテーマが<仲間>とか<絆>ということもあり、最後にA.B.C-Zの曲が流れてくるのが、メンバーたちも手を差し伸べてくれている感じで嬉しいです。」と語りました。

続いて、今回新入部員の中で経験者という役でしたがどうでしたか、という質問に対して岩本さんは、「舞台中ということもあって、正直、結構大変でした。他メンバーよりも登れる人にならなきゃいけないということもあり、プロの方が登っている映像を見て、目に焼き付けてイメージすることを頑張りました。」と役づくりのことを振り返りました。
また、唯一の経験者だった阿部さんは、「趣味で以前からボルダリングをやっていたのでラッキーと思っていたのですが、競技の奥深さをより一層感じました。”身体を使ったチェス”と言われているくらい、身体だけでなく頭も使っていく競技なんだなと改めて思いました。」とコメント。

次に、本作に登場する個性的なキャラクターについて聞かれると、塚田さんは「岡島は、熱血で人一倍アツくて、自分と共通しているところがあるなと思っていました。逆にクールな部分があったり、就活を控えていてナイーブになっていたりするので、いろいろな顔を楽しんでもらえたらいいなと思います。」、岩本さんは「河口は、今話題の過去引きずってる系男子です(笑)。見ている方が、自分とリンクさせられるシーンが多いのではと思うので、自分と照らし合わせながら見てもらえればと思います。」、深澤さんは「新井は津軽弁を話す役で、最初はメガネかけているんですけど、メガネをかけると普段滅多にこない黄色い歓声がきて…今後もメガネかけていきたいと思います(笑)。撮影のときは、毎日津軽弁をスピードラーニングのように聞いていました。」と笑いを交えながらコメント。

渡辺さんは「桃田は、彼女を取り戻すためにボルダリングを始めて、自分の意思でないし、少しナメているところがあるうえに、短気だし、ノリと勢いのキャラですね。共感するところは…、ほぼ桃田は僕なのではないかと(笑)。幼稚園の時に告白をして振られたことを思い出しました(笑)」と役に共感することが多かったことを語りました。

また、宮舘さんは「僕はドラムを少しやっていたので、元ドラマーの役をもらいました。撮影に入るにあたって、お友達を見つけにいこうと思いまして、お友達1のドラムスティックを買いに行き、お友達2のドラムを手に入れました。あとは、岩本が2人きりでドラムをしっかり教えてくれましたね。かっこいいシーンになっていると思うので楽しみにしてください!」とコメントすると、塚田さんが「Snow Manが音だけで気持ちをつなぐシーンがあって、高井戸がそこは中心になっているので注目してください」と見どころのシーンを紹介。

続く佐久間さんは、「桑本は人と壁を作ることがなくて、自分と似ているので、すごくやりやすかったです。挫折からの立ち上がりみたいな、かっこいいキャラクターでもあると思います。」、阿部さんは「潔癖なゲーマーで、感情をあまり出さない役なので、リアクションを抑えて淡々と話すようにと監督と話し合ってキャラクターを作りました。ボルダリングが、体力だけでなく頭で考える人も楽しめるということを知れる役回りだと思います。」と話すと、塚田さんが「中道は、女性が一番共感しやすい役かもしれないですね。撮影でも、紅一点みたいでした。」と冗談を交えコメントすると、会場に笑いが起こりました。

真壁監督は「佐久間くんがコミュニケーション力がすごいなと思いました。エキストラの方や敵チームともみんな仲良くなっていたんです。佐久間くんのキャラクターは少し盛ったけど、役はみんなにアテ書きしました。みんなとクランクインする前に、お芝居の練習をしたり、お寿司を食べに行ったり、そんな仲の良さも出ているかと思います。」とキャラクターを作りあげていく過程を振り返りました。

新生活を迎える方にアドバイスとして<壁の乗り越え方>を伺うと、岩本さん「僕は他の人と比べると壁が多い気がします。壁と向き合っている時ってクリアした時に何が起こるか、こんなの将来役にたつかな、とか分からないと思うんですけど、将来、過去の自分が未来の自分にバトンを渡してくれたというようなことが絶対くると思います。壁はその人にあった壁しかこないと思っていて、乗り越えた分だけ、いい世界が待っていると思うので、頑張って乗り越えていってほしいです!」と熱くエールを送りました。

最後に塚田さんから、「初主演という経験は不安もあって、自分自身がまだまだだなと思いました。今回の話は、それぞれのキャラクターにもいろんな壁があって乗り越えていくというお話ですが、公開の5月は、新生活ということもあり、新しいことを始める人も多いと思います。本当にたくさんの方にも見てもらいたいです。どの年代の方にも届く作品だと思っています。一生懸命作りましたので、ぜひ、楽しんでいただけたらと思います。塚ちゃん桜も満開です!!」と笑顔でコメントし、舞台挨拶を締めくくりました。

完成披露試写会 募集について(WEB)

3月26日(月)実施の『ラスト・ホールド!』完成披露試写会につきまして、試写会への参加募集が下記にて実施中です!
ぜひ、応募してみてください!

【完成披露試写会概要】
日時:3月26日(月) 18:00開場 18:30開映
会場:丸の内ピカデリー(千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン9F)

映画.com (2月27日まで)
映画ランド (2月28日まで)
Cinemacafe.net (2月27日まで)
Cinema Gene (2月28日まで)
Cinema Style for au (2月28日まで)
チケットぴあ (2月28日まで)
ぴあ映画生活 (2月28日まで)
マイナビニュース (2月26日まで)

主題歌「Future Light」に乗せ、スリリングなボルダリングシーン満載の予告編 解禁!

この度、本作の予告篇が解禁となりました!

★60秒予告編★

★30秒予告編★

キャスト全員が、吹き替えなしでボルダリングに挑んだからこその滲む汗、パンプアップした筋肉…ストイックかつクールな本気のボルダリング姿が映し出されると共に、Snow Man演じる新入部員たちのユーモラスな一面や、ボルダリングを愛してやまない熱血男の岡島(塚田さん)が6人の新入部員を不思議な練習法で鍛える姿などのコミカルな映像、更に勝村政信さん演じるライバル大学のコーチと確執などもうかがい知れる魅力があふれる映像が展開されます。
「夢に届くまで手を伸ばせ!」のコピーと共に、思わず身を乗り出す躍動感溢れる予告篇に仕上がりました!

また、2月1日にデビュー6年目を迎えたA.B.C-Zの初めての映画主題歌「Future Light」は、本作の為に書き起こされた楽曲。今回の予告編で初披露となります!

ぜひ予告編映像をチェックしてみてください!

ボルダリング映像公開!コミカル&胸アツな特報初解禁!

この度、本作の特報映像(30秒)を解禁致しました!

滲む汗、パンプアップした筋肉…ストイックかつクールな緊張感あふれるボルダリング姿を本特報で初披露!
更に演技面においても、Snow Man演じる全くボルダリングに興味のなかった大学の新入生たちのユーモラスな一面や、ボルダリングを愛してやまない熱血男の岡島(塚田さん)が6人の新入部員を不思議な練習法で鍛える姿などは、どこかコミカルで愛らしく、それぞれのキャラクターの魅力が存分にあふれたものとなっています。